機械加工システム ─構成要素間の相互作用とシステムの高性能化─

3,300 (税込)

機械加工システムの性能向上を達成するうえで必要となる重要事項を各種構成要素間の相互作用に注目するという視点からまとめたものである。

残り在庫7個

商品カテゴリー: ,
著者:
判型 A5判
第1版
ページ数 184
発行日 2009/02/28
ISBN-13 978-4-8425-0448-3 C3053
ISBN-10 4-8425-0448-x
JAN 1923053030000
オンライン書店: Yahoo!ショッピング でのお取り扱いについてはお問い合わせください。
amazon, 紀伊國屋書店, honto, ヨドバシ・ドット・コム, セブンネットショッピング, HonyaClub
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

説明

原材料の形状や性質を変えて各種の機器、装置に使用される部品とし、これらを組み立てて人間に有用な製品となるまで付加価値を高める製造技術は、天然資源に乏しい日本にとって国の財政基盤を支える必須の技術である。製品が要求された機能を高性能に発揮して競合製品に勝つには、部品の加工精度、加工能率が高められなければならない。わが国の製造技術は、このような背景のもとで逞しく発展し、世界を先導するに至っている。

生産活動の範囲は、狭義に捉えても設計、加工、組立て、そして検査を含んでいるが、本書で対象とするのはその中の加工である。素材の性質を変える熱処理なども広義には加工と呼ぶこともできるが、本書では素材の寸法と形状を変えて新たな状態を素材に記憶させるプロセスを対象とする。加えて、寸法と形状を変えるプロセスとして、目標形状に到達するまで不要な部分を除去するプロセス、すなわち除去加工(material removal process)を対象とする。このほかにも、素材を溶融させて新たな形状を得る方法(鋳造加工)、粉体にして焼結する方法(粉末冶金加工)、そして材料の塑性変形現象を利用する方法(塑性加工)などがある。これらの中で、切削加工(cutting)と研削加工(grinding)に代表される除去加工は、各種材料への適応性と達成しうる形状の多様性、そして広範囲な加工精度と能率を達成しうることから、工業製品を生産するうえで最も重要な加工プロセスとなっている。除去加工は、そのプロセスを実行するに当たって利用するエネルギー形態によって種々のものがあるが、本書で対象とする切削、そして研削加工は機械的エネルギーを利用するものであり、機械加工プロセス(machining)と呼ばれている。

切削加工および研削加工は、工具を加工物に干渉させて相対運動を与え、不要部分を除去して要求される寸法と形状を創成するプロセスで、これを実行する機械が工作機械(machine tool)である。したがって、加工プロセスの能率と加工される部品の精度は、使用する工作機械の性能によって左右される。加えて重要なことは、加工プロセスから発生する力と熱は、工作機械に影響を及ぼし、さらにはその影響がプロセスに帰還するということである。加工のプロセスに焦点を絞っても、工具、加工物、加工液、そして切りくずの間の相互作用がプロセスの良否を左右する。さらに、工作機械が設置されている環境や工作機械を操作する作業者と工作機械との相互作用も加工結果に影響を及ぼす。加工プロセスとそれを実行する工作機械から構成される系を作業環境をも含めて機械加工システムと呼ぶことにするなら、それは入力である材料、エネルギー、そして情報を活用し、素材の付加価値を高めて製品として出力する変換システムとみなすことができる。機械加工システムの性能は、上述したように多くの構成要素間の相互作用によって左右される。したがって、機械加工システムの性能を高めるには、構成要素個々の特性と、それらの相互作用を理解し、把握しておくことが必須である。

本書は、機械加工システムの性能向上を達成するうえで必要となる重要事項を各種構成要素間の相互作用に注目するという視点からまとめたものである。その基盤となっているのは、これまで多くの研究者、技術者の努力によって得られた貴重な知見である。機械加工に必要となる高度な「技能(skill)」は、そのままでは個人個人が所有する財産であるが、得られた知見をもとにこれら技能に科学的解釈を与えて「技術(technology)」とすることにより、多くの技能が人類の共有財産となってきたのである。

目次

第1章生産技術の発展と課題
 1.序言:生産活動における機械加工プロセスの位置づけ
 2.機械加工技術の発展
 3.機械加工システムを構成する各種要素間の相互作用 
第2章機械加工プロセスに影響を及ぼす材料の機械的性質
 1.序言
 2.応力-ひずみ特性
 3.材料の硬度
 4.摩擦・摩耗特性
第3章工具と加工物の相互作用(1):切削加工
 1.序言
 2.切削加工の種類
 3.切りくず生成機構
 4.切削抵抗
 5.切削温度
 6.被削材に生ずるひずみとひずみ速度
 7.切りくず形態と形状
 8.構成刃先の形成と抑制対策
 9.切削加工面の品質
 10.工具損傷と最適切削条件
 11.切削プロセスの計算機シミュレーション
 12.切削工具
 13.切削液
第4章工具と加工物の相互作用(2):研削加工
 1.研削加工の特徴
 2.研削加工の種類
 3.研削砥石と調整作業
 4.研削機構
 5.遊離砥粒加工
第5章工作機械の創成運動と構成要素
 1.序言
 2.工作機械の形状創成運動
 3.案内要素と潤滑
 4.高精度創成運動達成のための設計指針
 5.工具と加工物の取付け具
第6章機械加工プロセスと工作機械の相互作用(1):静的相互作用
 1.序言
 2.力と変位を介しての相互作用
 3.熱と変位を介しての相互作用
第7章機械加工プロセスと工作機械の相互作用(2):動的相互作用
 1.機械加工における振動:強制振動と自励振動
 2.工作機械動剛性の測定と表示
 3.工作機械振動特性のモデル化
 4.切削における再生型自励振動
 5.研削加工における振動
 6.振動原因の探索と抑制対策
第8章機械加工システムにおける計測と制御
 1.序言
 2.加工誤差の種類
 3.加工誤差の計測
 4.工作機械の数値制御と適応制御
 5.加工プロセスの自動監視技術
 6.工作機械の性能検査
第9章工作機械-人間-環境間の相互作用
 1.工作機械の人間工学
 2.工作機械と環境の相互作用
索引

レビュー

レビューはまだありません。

“機械加工システム ─構成要素間の相互作用とシステムの高性能化─” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です