すべての雑誌

農業および園芸・機械の研究 は 毎月1日 発売です。

農業および園芸畜産の研究(電子版)機械の研究

農業および園芸

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

2,420 (税込)お買い物カゴに追加

農業および園芸 2024年6月1日発売 第99巻 第6号

口絵

季節の花〔171〕-6月の花 タケシマユリ,マレーフトモモ,ビスカリア‘ブルーエンジェル’,イオクロマ・キアネウム,クサノオウ,ローマンカモミール

元 島根大学 生物資源科学部
細木高志

当面の話題

円安と農業

編集部

論説・総説・資料・実用

病害の恐れがないトマト栽培での接ぎ木苗利用が収量に及ぼす影響に関する研究

園芸研究家
三浦周行

園芸農業法人におけるマネジメント・コントロール構築と会計知識活用のコンフィギュレーション

山形大学農学部
家串哲生

神奈川県オリジナル中玉トマト「湘南ポモロンシリーズ」の育成

神奈川県農業技術センター
安井奈々子
吉野飛鳥
澤田幸尚
現全国農業改良普及職員協議会
藤代岳雄
現神奈川県環境農政局農水産部農地課
保谷明江

多収で酒造適性に優れる水稲品種「ぎんさん」

秋田県農業試験場
佐々木翔渚

開発途上国における家畜トレサビリティの在り方に関する一考察―モンゴルにおける事例―

元モンゴル農牧調査団員
齋藤英毅

連載記事

近代園芸学事始め[50]―連載[42]~[45]の補足事項について(その1)―

東北大学名誉教授
金浜耕基

竹粉サイレージの給与が黒毛和種去勢肥育牛の発育と肉質に及ぼす影響と適切な給与基準(2)
~竹粉サイレージは粗飼料を完全代替できるのか?~

鹿児島大学農学部
大島一郎

縄文人の生活~その衣食住を探る~〔9〕
縄文時代の衣を推しはかる(4) 編布と織物の起源および編具遡源の試み

元信州大学繊維学部教授
木口憲爾
元大阪府立大学大学院教授
樽本 勲

移行期の乳牛の管理〔12〕
未経産牛における人工授精(AI)とその管理
Artificial insemination (AI) and its management in heifers

信州大学名誉教授
辻井弘忠

ジャック・ハーラン著「Crops and Man(作物と人間)」第3版
栽培植物と人間の共進化について伝えるもの[30]
第12章 エピローグ:ここでの責任者は誰か?

元 農研機構バイオマス研究統括監
中川 仁

牛海綿状脳症(BSE)と特定危険部位(SRM)と肉骨粉・動物性油脂の取扱い状況[3]
-畜産副産物、SRM、ヒトへの感染、変異型クロイツフェルト・ヤコブ感染症(vCJD)-

獣医師
技術士(農業-畜産)
博士(農学)
森山獣医師・技術士事務所代表
(一般社団法人)日本シニア起業振興機構(J-SCORE)理事
森山浩光

農界ニュース

畜産の研究(電子版)

戦後、日本の畜産は先進国に一刻も早く追いつこうと、暗中模索のうちに数多くの研究が行われていました。そのような背景のもとで、昭和22年に姉妹誌である「農業および園芸」から、注目を浴び始めた畜産分野を独立させたのが本誌です。本誌は畜産研究関係者の中でも、試験研究所・大学先進農家に主な読者層を有し、研究要報や農家の経営事例をはじめとし、さまざまな情報を提供し続けています。

定期購読のみ受け付けております。

畜産の研究 2021年12月1日発売 第75巻 第12号
畜産の研究  2021年12月1日発売 第75巻 第12号

小特集 日本畜産環境学会第19回大会

健全な動物生産環境を考える
―日本畜産環境学会第19回大会について―

新潟食料農業大学 食料産業学部 中井 裕

アニマルウェルフェア畜産と持続可能な社会
―日本畜産環境学会第19回大会 特別講演―

帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 戸澤あきつ

産業動物

コーンコブ主体キノコ廃菌床の発酵品質と化学組成および夏季における保存性

新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター
吉田智佳子・田川伸一・渡辺璃子・安達萌花
有限会社 パルテック 天野夕里子
(現職)日本甜菜製糖株式会社 総合研究所
農業研究領域 畜産グループ 田川伸一

 

マンスリーレポート 日本の畜産事情
~その9.鶏肉~

畜産飼料調査所主宰 阿部 亮

生物統計学講座(18)
―毒性試験の定量値および定性値から得られた興味ある事例―

元静岡県立農林大学校非常勤講師 小林克己

哺乳動物の精子(10)
―精子の歩んだ道―

信州大学名誉教授 辻井弘忠

草地の新しい植生調査法(17)
―種構成の非類似性の数量的評価―

茨城大学名誉教授 塩見正衛
中国・西北農林科技大学草業与草原学院教授 陳 俊

「食は命」(3)―畜産は成長産業―

千葉県立農業大学校 外部講師,農場HACCP指導員・認証審査員,
獣医師 前之園孝光

Dr. Ossyの畜産・知ったかぶり(126)
日本と世界のジビエ

麻布大学名誉教授 押田敏雄
静岡県立農林環境専門職大学生産環境経営学部 祐森誠司

コロナ禍等に伴う食糧危機・これからの農牧生産・食糧増産戦略の必要性(12)
―ラテンアメリカ:ブラジルにおける懸念事項―

(株)宏大 & エクアドル,リトラル工科大学 冨田健太郎

「畜産の研究」休刊に際し

静岡県立農林環境専門職大学 祐森誠司

機械の研究

「機械の研究」は、1949年(昭和24年)、それまでの 機械工学の概念を脱却して、工学・工業の一環としての機 械工学に関する新しい研究と技術の進歩を提供する事をそ の主眼に創刊した月刊誌です。工学全般・工業に関連した 研究分野において、最新かつ重要な学理および興味深い研 究成果を平易に解説しています。

2,970 (税込)お買い物カゴに追加

機械の研究 2024年6月1日発売 第76巻 第6号

展望・総説・総論

ハニカム多孔質体による大伝熱面・高熱流束除去技術

九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門 教授
森 昌司

複合材料の力学入門(4)

拓殖大学 名誉教授
笠野英秋

連載講座

生体機械工学(9)
電気インピーダンスによる細胞配向計測

工学院大学 工学部 機械工学科 教授
橋本成広

植物の葉や花に関する力学的研究(16)
樹木の葉にみる葉身全体の剛性維持戦略

(株)衝撃工学研究所 執行役員
大阪大学 名誉教授
小林秀敏

光ファイバー型赤外線輻射温度計の設計製作から計測まで(14)
レーザ加工温度の測定例(その3)―割断

金沢大学 名誉教授
上田隆司

機能材料と構造の力学(5)
粒子分散および短繊維強化複合材料の引張特性

東北大学 大学院環境科学研究科 准教授
栗田大樹

一杯のコーヒーから(208)

社会デザイン その6―身体感覚

元 Consulting Prof., Stanford Univ
慶應義塾大学 (顧問)
福田収一

特別講座:機械系大学院入試問題演習

(48)材料力学:早稲田大学2023年夏季実施より

神奈川大学 名誉教授
伊藤勝悦

編集部だより

WordとPowerPointで書く数式

歴史に学ぶ 「機械の研究」

第11巻 掲載 「欧州紀行 ―主として2輪車と小型2サイクルエンジンについて―」

編集部

新刊紹介

固体力学入門 = Introduction to Solid Mechanics
吉村,彰記 荒井,政大,1967-
出版社:森北出版
定価:3,200円+税
発売日:2024年5月30日
ISBN:978-4-627-67731-9

工学・工業界ニュース