農業および園芸

農業総合誌

「農業および園芸」は、毎月1日発売です。 農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載するわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。


最新号定期購読・バックナンバーご投稿について

最新号

2,090 (税込)お買い物カゴに追加

農業および園芸 2022年1月1日発売 第97巻 第1号
農業および園芸 2022年1月1日発売 第97巻 第1号

口絵

季節の花〔142〕-1月の花
ペアルケア・ヒポキルティフロラ,アマゾンユリ,ホザキトケイソウ,エスキナンサス・ラディカンス,オスモキシロン,タチバナ

元 島根大学 生物資源科学部
細木高志

論説・総説・資料・実用

日本農学会シンポジウム「コロナ禍のその先へ~農学のチャレンジ~」

シンポジウムの意義と概要

(一社)日本農学会副会長
高崎健康福祉大学農学部長
東京大学名誉教授
大政謙次

コロナ禍で注目される「農村」という選択肢

明治大学農学部
服部俊宏

「家食」が開いた小麦市場で研究シーズを生かせ

山口大学農学部
荒木英樹

コロナ禍における自然・緑とのふれあい

北海道大学大学院農学研究院
愛甲哲也

野生動物の生態に関する知識は野生動物由来感染症の対策に役立つ

森林総合研究所
飯島勇人

ICT等情報の高度化による野菜のスマート生産技術

農研機構 野菜花き研究部門
安 東赫

スマート飼養衛生管理システム創出による畜産物の安定供給

大阪国際大学学長補佐
家畜改良センター理事
東京大学名誉教授
日本中央競馬会経営委員
日本学術会議会員
眞鍋 昇

コロナ禍で見えたホリスティックで学際的な土壌科学

北海道大学大学院農学研究院
波多野隆介

「みどりの食料システム戦略」にどう対応するべきか

秋田県立大学生物資源科学部
谷口吉光

ニンジンの生産性向上をもたらす栽培管理に関する研究

園芸研究家
三浦周行

イノシシ用防護柵の水稲被害軽減効果

千葉県農林総合研究センター
松村広貴

豆腐加工適性に優れるダイズ新品種「とよまどか」

北海道十勝農業試験場
小林 聡

連載記事

農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[5]
ICT・ロボット技術活用による震災復興
株式会社紅梅夢ファーム 代表取締役 佐藤良一さん 農業イノベーション大賞で選考委員会特別賞の表彰

三重大学大学院生物資源学研究科
野中章久

ジャック・ハーラン著「Crops and Man(作物と人間)」第3版
栽培植物と人間の共進化について伝えるもの[1]

浜松ホトニクス株式会社
中川 仁

茨城県の黒ボク土ナシ園における堆肥施用および施肥改善が地下水・土壌・大気環境に及ぼす影響[5]

茨城県農業総合センター園芸研究所
藤田 裕

著者の,「稲の,地上部の生育にともなう根群の生育についての形態学的研究」からみた稲の作り方[27]
もっと良く知ろう,稲のこと

秋田県立大学名誉教授
川島長治

ブックガイド

SDGsに向けた生物生産学入門
三本木至宏/監修 上田晃弘/編集 杉野利久/編集 鈴木卓弥/編集 冨山毅/編集 船戸耕一/編集
出版社:共立出版
定価:2,700円+税
発売日:2021年11月30日
ISBN:978-4-320-05831-6

図説 窒素と環境の科学
林健太郎/著・編集 柴田英昭/著・編集 梅澤有/著・編集
出版社:朝倉書店
定価:4,500円+税
発売日:2021年12月8日
ISBN:978-4-254-18057-2

農界ニュース

ご投稿について

当誌は月刊商業誌であり、主に農学研究者、農業技術者、農業従事者を対象として、最新の研究成果を提供しております。当誌へのご投稿をご希望の場合には、当編集部にはメールにてお問い合わせください。

ご入稿の際には、以下の方法で原稿をお送りください。

  • 文章はMicrosoft Wordのファイルをご送信ください。
  • 表は可能な限り、画像ではなくMicrosoft ExcelやWordなどの作成元のファイルをお送りください。
  • 図は鮮明なものをお送りください。
  • 写真は可能であれば、個別のJPGやPNGなどのファイルをお送りください。