畜産の研究 2017年12月1日発売 第71巻 第12号

戦後、日本の畜産は先進国に一刻も早く追いつこうと、暗中模索のうちに数多くの研究が行われていました。そのような背景のもとで、昭和22年に姉妹誌である「農業および園芸」から、注目を浴び始めた畜産分野を独立させたのが本誌です。本誌は畜産研究関係者の中でも、試験研究所・大学先進農家に主な読者層を有し、研究要報や農家の経営事例をはじめとし、さまざまな情報を提供し続けています。

判型 B5判
発行日 2017/12/01

商品カテゴリー: ,
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

目次

産業動物

Jsire後代検定を活用した泌乳持続性の改良策
((一社)家畜改良事業団家畜改良技術研究所)
富樫研治
((一社)家畜改良事業団)
足達和徳
徳中絋太
高野みなを
高橋 勉
守部公博

実験動物を用いた毒性試験はt検定系が最良の解析法
(元内閣府食品安全委員会技術参与)
小林克己

草地の新しい植生調査法 (13)
-放牧草地における可食草量の予測:草地のシステムモデルと牧草量の空間分布利用-
(茨城大学名誉教授 農学博士・理学博士)
塩見正衛

実践飼料学の失敗と成功(28)
―品質管理半世紀の軌跡から―
(本澤技術士事務所)
(飼料・ペットフードコンサルタント)
本澤清治

養豚飼料としてのカノーラ粕
(家畜栄養コンサルタント)
大成 清

飼料学(152)
―飼料中の有害物質 有毒植物(poisonous plants)(3)―
(元東京農業大学)
佐藤光夫
((国研)農研機構 動物衛生研究部門)
山中典子
(東京農業大学)
祐森誠司
((一社)日本科学飼料協会)
石橋 晃

種羊場物語 その1
(元北海道立滝川畜産試験場 研究員)
(現滝川市郷土研究会 副会長(滝川畜産試験場を語り継ぐ会事務局))
高石啓一

人類の進化と食,生殖,胚移植(2)
(元農林水産省畜産試験場,近畿大学名誉教授)
角田幸雄

Dr.Ossyの畜産・知ったかぶり(78)
(東京農業大学客員教授)
(麻布大学名誉教授)
押田敏雄

ダニが媒介するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)は新しい厄介な「人獣共通感染症」?!
(獣医師)
小野嘉隆

エクアドルにおける活動(その5)
―ピチンチャ県のペドロ・モンカジョおよびカヤンべ地区に乳牛用牧草地土壌の化学的特性―
地域村民の鉄欠乏貧血との関連性:その2(一仮説)―
((株)宏大)
冨田健太郎

レビュー

レビューはまだありません。

“畜産の研究 2017年12月1日発売 第71巻 第12号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

より良い商品の紹介 …