農業および園芸 2022年4月1日発売 第97巻 第4号

2,090 (税込)

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

在庫あり

判型 B5判
発行日 2022/04/01
JAN 4910073030421
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

今月のピックアップ

現代の社会では、出版物やマスメディアによる情報発信が全国で均一に行われているため、生き物の名前に地域差はありません。

しかしかつては、生き物は地域により様々な名前で呼ばれていました。

白い花を咲かせるユリである、テッポウユリの名前の由来や地域、時代による変化を解説します。

目次

口絵

季節の花〔145〕4月の花
ハクサンイチゲ,ヒサカキ,エイザンスミレ,キバナカタクリ,サワシバ,ベニバナエゾノチチコグサ

元 島根大学 生物資源科学部
細木高志

当面の話題

戦争と食料市場

編集部

論説・総説・資料・実用

トウガラシ属における接ぎ木が収量に及ぼす影響に関する研究

園芸研究家
三浦周行

レンブ(蓮霧)について

常磐会学園大学
井上敏孝

西洋ナシ果実の成長生理:「ル レクチエ」の主要な内生植物ホルモンの部位別・ステージ別の成長中の変動

新潟大農学部
児島清秀

【総説】好気性発酵法の開発と展開―堆肥化,高温接触酸化法および汚濁水域の底泥改質―

NPO法人湖沼復活研究所 所長
森 忠洋

(株)Water Agency 顧問
元神奈川県大気水質課 課長
野口基一

NPO法人湖沼復活研究所 理事
重野達史

環境工学研究所 群馬 代表
NPO法人21世紀水倶楽部(Hitoshi Saito)
斉藤 均

琵琶湖生態工学研究所 所長
藤堂貴也

人と植物とのかかわりを探る〔17〕
花の優雅さに似合わない名前をもらったテッポウユリ
-そのさまざまな名前とテッポウユリという名前の登場-

園芸福祉研究所
九州大学名誉教授
松尾英輔

兵庫県豊岡盆地の水田水域で実施されている自然再生の魚類に対する保全効果

土木研究所水環境研究グループ河川生態チーム
田和康太

兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科
兵庫県立コウノトリの郷公園
佐川志朗

ニホンナシ新品種「なるみ」「ほしあかり」の特性と栽培上の留意点

農研機構 果樹茶業研究部門
今井 篤

連載記事

農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[8]
農場を科学する研究開発型ビジネスモデル株式会社浅井農園 代表取締役 浅井雄一郎さん 大賞の表彰

九州大学大学院農学研究院
南石晃明

広島大学大学院統合生命科学研究科
長命洋佑

哺乳動物の精子(12)―精子の歩んだ道―

信州大学名誉教授
辻井弘忠

農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[8]
ジャック・ハーラン著「Crops and Man(作物と人間)」第3版
栽培植物と人間の共進化について伝えるもの[4]

浜松ホトニクス株式会社
中川 仁

ブックガイド

[boookreview isbn="9784320058323"]

農界ニュース

レビュー

レビューはまだありません。

“農業および園芸 2022年4月1日発売 第97巻 第4号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもおすすめ…