畜産の研究 2016年4月1日発売 第70巻 第4号

戦後、日本の畜産は先進国に一刻も早く追いつこうと、暗中模索のうちに数多くの研究が行われていました。そのような背景のもとで、昭和22年に姉妹誌である「農業および園芸」から、注目を浴び始めた畜産分野を独立させたのが本誌です。本誌は畜産研究関係者の中でも、試験研究所・大学先進農家に主な読者層を有し、研究要報や農家の経営事例をはじめとし、さまざまな情報を提供し続けています。

判型 B5判
発行日 2016/04/01
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

目次

乳量に対する飼養管理と繁殖形質に対する繁殖管理効果を勘案した初産および2産の繁殖性に関する形質と初産の泌乳持続性との遺伝的関連性
((一社)家畜改良事業団)
富樫研治
守部公博
岩間 悟
松本成生
山口茂樹
足達和徳
高橋 勉
相原光夫
斎藤新一
信國 卓
(農研機構 北海道農業研究センター)
山崎武志
池田哲也

カナダ農務省レスブリッジ研究開発センター(Lethbridge Research and Development Centre)に留学して学んだこと
(清水港飼料株式会社)
田川伸一

実践飼料学の失敗と成功(8)
―品質管理半世紀の軌跡から―
(日本技術士会 畜産技術士センター,飼料・ペットフードコンサルタント)
本澤清治

肉牛におけるセレン給与と新研究
(家畜栄養コンサルタント)
大成 清

飼料学(132)
―飼料添加物 (feed additives)―
((株)エコアニマルヘルスジャパン)
岡野圭介
((一社)日本科学飼料協会)
石橋 晃

Dr.Ossyの畜産・知ったかぶり(58)
(東京農業大学客員教授・麻布大学名誉教授)
押田敏雄

ピラール大学における卒論指導の一環としての統計学の講義1
((株)宏 大 (元:パラグアイ国立ピラール大学農牧
および地域開発学部客員教授))
冨田健太郎

「第2回ジビエサミット」に参加して 伝統食から外食産業へ
―有害捕獲から地域・産業資源としての捕獲への転換―
(東京農業大学客員教授・麻布大学名誉教授)
押田敏雄
(麻布大学獣医学部)
坂田亮一

レビュー

レビューはまだありません。

“畜産の研究 2016年4月1日発売 第70巻 第4号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもおすすめ…