土壌肥料綜説

2,640 (税込)

土壌と肥料を相関的に融合し農産増収の合理的効果をあげるようにわかりやすく説いた書。

在庫あり

カテゴリー: ,
著者:
判型 A5判
第1版
ページ数 180
発行日 1961/04/10
ISBN-13 978-4-8425-0266-3 C3061
ISBN-10 4-8425-0266-5
JAN 1923061024002
Yahoo!ショッピング でのお取り扱いについてはお問い合わせください。
Amazon紀伊國屋書店hontoセブンネットショッピング
図書館: カーリル

目次

1.土はどうしてできたか
2.土の理学的成分
3.土の中のガスと水
4.土の鉱物質成分
5.土の中の微存成分
6.腐植
7.土は肥料成分を吸収保持する
8.土の酸性
9.土壌型
10.土の中にいる微生物の種類
11.土の微生物の活動
12.田の土の特異性
13.植物の栄養
14.植物による養分の吸収
15.植物の水耕培養
16.植物の栄養ならびに生産に関する法則
17.窒素質肥料
他6章。

レビュー

レビューはまだありません。

“土壌肥料綜説” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です