農業および園芸 2022年9月1日発売 第97巻 第9号

2,090 (税込)

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

在庫あり

この商品は旧版です。最新版はこちら。

判型 B5判
発行日 2022/09/01
JAN 4910073030926
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

今月のピックアップ

化学肥料は即効性があり、効果の制御もしやすいので非常に有用です。

しかし、有機肥料も合わせて使わないと、土壌にさまざまな問題が生じます。

農地の土壌における有機物施用の現状を解説します。

目次

口絵

季節の花〔150〕-9月の花
オーデコロンミント,アオツヅラフジ,シュロソウ,ツルレイシ,トチカガミ,マツカサススキ

元 島根大学 生物資源科学部
細木高志

当面の話題

資源から見た農業の持続性

編集部

論説・総説・資料・実用

苗木生産における不織布製栽培鉢の有効性に関する研究

園芸研究家
三浦周行

土壌の有機物について

農研機構 中日本農業研究センター
松﨑守夫

高温登熟性を有する水稲早生系統「愛知135号」の育成

愛知県農業総合試験場作物研究部
津田健吾

酒造好適米新品種「福乃香」の育成

福島県農業総合センター
小林恭子
大寺真史
朽木靖之

福島県農業総合センター浜地域研究所
佐藤弘一

福島県農業総合センター会津地域研究所
吉田直史

県北農林事務所農業振興普及部
佐々木園子

福島県農林水産部農業振興課
齋藤隆
菅野拓朗

福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター
菊地伸広
中島奈津子

福島県酒造組合
鈴木賢二

ジャポニカ系高アミロース米「あきたぱらり」,「あきたさらり」の育成と普及

秋田県立大学生物資源科学部
(株)スターチテック
藤田直子

秋田県平鹿地域振興局
加藤和直

秋田県立大学
金田吉弘

バレイショ新品種‘しまあかり’,‘しまクイーン’の育成とその特性

鹿児島県農業総合開発センター大隅支場
田中義弘
柏木伸哉
小玉泰生
末川 修
竹牟禮穣
玉利光男
福元伸一
加治俊幸

九州農政局経営・事業支援部地域連携課
竹之下佳久

鹿児島県熊毛支庁農林水産部農政普及課
清本なぎさ

鹿児島県農業開発総合センター農業大学校
橋口健一郎

元鹿児島県農業開発総合センター
遠嶋太志
古江広治

農業技能実習生と日本語母語話者に対する技能実習現場の課題と日本語使用の提言
―コミュニケーションに資する日本語教育を探る―

筑波大学 人文社会ビジネス科学学術院
飯田朋子

連載記事

近代園芸学事始め[38]
―『空語集』に記された酒井調良の事蹟について(その3)―

東北大学名誉教授
金浜耕基

農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[11]
農業者主導のオープン・イノベーションで精密農業を実現
もうたい農場 代表,(株)イソップアグリシステム 前取締役 馬渡智昭さん 優秀賞(新技術分野)の表彰

農研機構 北海道農業研究センター
佐藤正衛

歯科から見る農作物と健康〔4〕農作物と健康な歯で,生活習慣病予防

堺平成病院・歯科科長
野菜ソムリエ
島谷浩幸

ジャック・ハーラン著「Crops and Man(作物と人間)」第3版
栽培植物と人間の共進化について伝えるもの[9]第5章 栽培植物の分類

浜松ホトニクス株式会社
中川 仁

農界ニュース

レビュー

レビューはまだありません。

“農業および園芸 2022年9月1日発売 第97巻 第9号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。