農業および園芸 2018年10月1日発売 第93巻 第10号

2,052 (税込)

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

判型 B5判
発行日 2018/10/01
JAN 4910073031084

商品カテゴリー: ,
オンライン書店: Yahoo!ショッピング
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

目次

口 絵

季節の花〔103〕―10月の花 ノコンギク,ヤナギバヒマワリ,クロバナヒキオコシ,ゲンノショウコ,ツリバナ(実),ムレチドリ/細木高志

当面の話題

平成最後の夏に思う/編集部

論説・総説・資料・実用

サンペンプのカバークロップとしての野菜に及ぼす効果に関する研究/三浦周行
クビアカツヤカミキリAromia bungiiによるバラ科樹木被害とその対策法
Damages of Rosaceae trees of the red-necked longicorn beetle, Aromia bungii and practical control methods/加賀谷悦子
中国稲作紀行−安徽省の稲作−/楠谷彰人・松江勇次・崔晶
家庭で簡単にできる背丈の低い,室内装飾用の鉢物テッポウユリ/松尾英輔
キュウリおよびメロン遺伝資源の保全と利用/杉山充啓

連載記事

大規模園芸施設を利用した経営における生産マネジメント〔3〕作業管理/大山克己・田口光弘
国際学術振興を目指す学会のパラダイム[XII]CIGR世界大会へのパラダイムシフト/清水浩
縄文人の植物と食文化〔1〕縄文以前の地球と植生/樽本勲
トマトの多収化は光利用効率の向上によって/東出忠桐

ブックガイド

農界ニュース

説明

経済のグローバル化に伴い、人や物だけでなく、生き物も国境を越えています。

そしてアライグマやブラックバス,アメリカザリガニなどの侵入生物が様々な問題を起こしているという理解が定着してきました。

今回は様々な果樹の大害虫となる侵入昆虫、クビアカツヤカミキリの解説を行います。

レビュー

レビューはまだありません。

“農業および園芸 2018年10月1日発売 第93巻 第10号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

より良い商品の紹介 …