農業および園芸 2022年7月1日発売 第97巻 第7号

2,090 (税込)

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

在庫あり

判型 B5判
発行日 2022/07/01
JAN 4910073030728
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

今月のピックアップ

日本の食料自給率が低い大きな理由は、家畜の飼料の自給率が低いことです。

また、国際市場で飼料価格の高騰が続いているため、畜産業での生産コストも高騰しています。飼料自給率の向上が重要な課題です。

今月号では、飼料自給率の向上に向けた取り組みを紹介する論文を2報掲載しています。

目次

口絵

季節の花〔148〕-7月の花
アロンソア,カギカズラ,レブンソウ,リョウブ,ツルラン,ビロードモウズイカ

元 島根大学 生物資源科学部
細木高志

当面の話題

農業と戦争

編集部

論説・総説・資料・実用

高温期におけるレタス類の安定生産に関する研究

園芸研究家
三浦周行

ブラジルにおける沖縄県出身者の伝統的食文化の継承実態

日本大学生物資源科学部
菊地 香

質・量・強さに優れるチモシー新品種「センリョク」

北海道立総合研究機構北見農業試験場
足利和紀

黒毛和種去勢牛への破砕飼料用米給与の効果

前鹿児島大学農学部
中西良孝

史料に見る近江の稲・米 その3

近江の農耕文化研究会
小川正巳

連載記事

近代園芸学事始め[36]
―『空語集』に記された酒井調良の事蹟について(その1)―

東北大学名誉教授
金浜耕基

農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[9]
園芸メガ団地共同利用組合 組合長 吉田洋平さん 選考委員会特別賞の表彰

秋田県立大学生物資源科学部
川﨑訓昭

哺乳動物の精子(15)―精子の歩んだ道―
精子を介した遺伝子導入sperm-mediated genetransfer(SMGT)

信州大学名誉教授
辻井弘忠

歯科から見る農作物と健康〔2〕農作物と虫歯予防

堺平成病院・歯科科長
野菜ソムリエ
島谷浩幸

ジャック・ハーラン著「Crops and Man(作物と人間)」第3版
栽培植物と人間の共進化について伝えるもの[7]
第4章 雑草とは何か

浜松ホトニクス株式会社
中川 仁

ブックガイド

協同組合と農業経済
鈴木宣弘/著
出版社:東京大学出版会
定価:4,000円+税
発売日:2022年1月24日
ISBN:978-4-13-040305-4

農界ニュース

レビュー

レビューはまだありません。

“農業および園芸 2022年7月1日発売 第97巻 第7号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもおすすめ…