農業および園芸 2022年2月1日発売 第97巻 第2号

2,090 (税込)

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

在庫あり

判型 B5判
発行日 2022/02/01
JAN 4910073030223
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

今月のピックアップ

日本には長い水田稲作の歴史があります。
水田は人口の淡水生態系で、多くの動植物を育てる機能があります。

水田とその周辺で暮らす両生類を守るための兵庫県での取り組みを紹介します。

目次

口絵

季節の花〔143〕-2月の花
チューリッパ・リニフォリア,リュウキュウベンケイ,マスデバリア・イグネア,ディオニシア・アレチオイデス,ローレンセラ・ロゼア,ハッサク

元 島根大学 生物資源科学部
細木高志

当面の話題

SDGsと農業

編集部

論説・総説・資料・実用

レタス類における日持ち性の官能評価に代替可能な評価方法に関する研究

園芸研究家
三浦周行

兵庫県豊岡盆地の水田水域で実施されている自然再生の両生類に対する保全効果―コウノトリ育む農法を中心に―

土木研究所水環境研究グループ河川生態チーム
田和康太

兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科
兵庫県立コウノトリの郷公園
佐川志朗

底面給液法における根長増加によるイチゴ多収化の可能性

千葉大学 学術研究・イノベーション推進機構
中野明正

ヤンマーグリーンシステム株式会社
川口哲平
タエッ・タヤピー・アウン
大川千鶴
黒田史絵

ダイズの多収を阻害する土壌の高い含水率と少ない可給態窒素量

農研機構東北農業研究センター
新良力也
高橋智紀

農研機構中日本農業研究センター
前川富也

農研機構九州沖縄農業研究センター
中野恵子

農研機構本部
関口哲生

元農研機構農村工学研究部門
原口暢朗

メロン果実の生理:主要な内生植物ホルモンの部位別・ステージ別の成長中の変動

新潟大農学部
児島清秀

カンキツ新品種‘佐賀果試35号’

佐賀県果樹試験場
岡部春菜
石本知香
松元篤史
篠倉耕作

佐賀県農業大学校
松尾洋一

ブドウ新品種‘神紅’の育成とその特性

島根県西部農林水産振興センター県央事務所大田農業部
坂本太智

下水汚泥中重金属の挙動と生活由来重金属

NPO法人湖沼復活研究所 所長
元島根大学/秋田県立大農学部 教授
森 忠洋

元横須賀市下水道部 部長
森山 清

連載記事

農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[6]
地域資源・ICT活用低コスト野菜生産モデル
有限会社エーアンドエス 代表取締役 大平貴之さん 優秀賞(ビジネスモデル分野)の表彰

九州大学大学院農学研究院
上西良廣
南石晃明

広島大学大学院統合生命科学研究科
長命洋佑

ジャック・ハーラン著「Crops and Man(作物と人間)」第3版
栽培植物と人間の共進化について伝えるもの[2]

浜松ホトニクス株式会社
中川 仁

著者の,「稲の,地上部の生育にともなう根群の生育についての形態学的研究」からみた稲の作り方〔28.この連載の最終回〕
前々月号(2021年12月号)の追加と,この連載のあとがき

秋田県立大学名誉教授
川島長治

ブックガイド

SDGsに向けた生物生産学入門
三本木至宏/監修 上田晃弘/編集 杉野利久/編集 鈴木卓弥/編集 冨山毅/編集 船戸耕一/編集
出版社:共立出版
定価:2,700円+税
発売日:2021年11月30日
ISBN:978-4-320-05831-6

農界ニュース

レビュー

レビューはまだありません。

“農業および園芸 2022年2月1日発売 第97巻 第2号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもおすすめ…