機械の研究 2023年11月1日発売 第75巻 第11号

2,970 (税込)

本誌「機械の研究」は、1949年(昭和24年)、それまでの
機械工学の概念を脱却して、工学・工業の一環としての機
械工学に関する新しい研究と技術の進歩を提供する事をそ
の主眼に創刊した月刊誌です。工学全般・工業に関連した
研究分野において、最新かつ重要な学理および興味深い研
究成果を平易に解説しています。

在庫あり

判型 B5判
発行日 2023/11/01
JAN 4910028171131
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

目次

連載講座

植物の葉や花に関する力学的研究(13)
ポテトの花に学ぶマチのある折畳み構造の展開特性

(株)衝撃工学研究所 執行役員
大阪大学 名誉教授
小林秀敏

応用力学基礎講座(12)
統計物理学の基礎原理への入門 その1 ―熱力学の法則と熱関数―

慶應義塾大学 名誉教授
棚橋隆彦

自然環境と再生可能エネルギー(6)
太陽光発電と小水力発電の系統連系

北陸電力送配電株式会社
山岸良雄

光ファイバー型赤外線輻射温度計の設計製作から計測まで(7)
切削温度のデータ整理(次元解析の適用)

金沢大学 名誉教授
上田隆司

生体機械工学(3)
細胞分別用マイクロギャップ

工学院大学 工学部 機械工学科 教授
橋本成広

機械加工における雰囲気が加工現象に及ぼす影響(8)
靭性の高い金属ならびにその他の金属の場合

岡山理科大学 工学部
機械システム工学科 名誉教授
金枝敏明

カルマンフィルタとその周辺および応用(19)
\(H^\infty\) フィルタ(1)

大阪大学大学院工学研究科 特任准教授
和田光代

立命館大学 名誉教授
杉本末雄

特別講座:機械系大学院入試問題演習

(41)力学:早稲田大学2022年夏季実施より

神奈川大学 名誉教授
伊藤勝悦

コラム:一杯のコーヒーから(202)

なぜ社会デザインが必要か?

元 Consulting Prof., Stanford Univ
慶應義塾大学 顧問
福田収一

編集部だより

工学書・研究論文の執筆に必要な知識とスキル

新刊紹介

電磁界解析による最適設計
五十嵐,一,1959-
出版社:森北出版
定価:7,200円+税
発売日:2024年5月26日
ISBN:978-4-627-78771-1

工学・工業界ニュース

説明

巻頭記事
植物の葉や花に関する力学的研究(13)
「ポテトの花に学ぶマチのある折畳み構造の展開特性」

春先の葉や花は、堅い鱗片葉で保護された狭い蕾の中に、効率よく折り畳まれて、あるいは固く巻き込まれて収納されている。例えば、ブナやイヌシデの葉は規則正しく波板状に折畳まれ、アサガオの花は2つ折りの花弁が紡錘型に巻込まれている。

それゆえ、このような自然界の折畳み構造にヒントを得て、工学的視点からさまざまな研究を展開することは、人工衛星や宇宙船などの宇宙展開構造物の設計や、大型スポーツ施設の開閉式天井や、身近なテントや衣服などの効率的な収納様式の研究などに、有益な知見を与えるであろう。

ここでは、開花した花弁がほぼ平面になるポテトの花冠に着目し、その折り畳み・展開様式について幾何学的考察やベクトル解析による展開解析を実施、蕾の限界折り畳み体積や総展開エネルギーに及ぼす花弁数の影響などについて報告する。

(株)衝撃工学研究所 執行役員
大阪大学 名誉教授
小林秀敏

レビュー

レビューはまだありません。

“機械の研究 2023年11月1日発売 第75巻 第11号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です