農業および園芸 2018年12月1日発売 第93巻 第12号

2,090 (税込)

農学・農業上の新しい研究と実際増益に役立つ内外の新説を、迅速かつ正確に提供することを主眼に毎号、現在直面している話題を巻頭に、論説・総説・資料、実用記事、研究要報、外国文抄録、連載記事、新品種解説、ニュースなどを掲載のわが国唯一の農業総合誌です。最新知見の収集にぜひご購読下さるようお薦めします。

商品カテゴリー: ,
判型 B5判
発行日 2018/12/01
JAN 4910073031282
オンライン書店: Yahoo!ショッピング
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

目次

(口 絵)

季節の花〔105〕
-12月の花 アカハダメグスリノキ(紅葉),オオモミジ(紅葉),ハボタン,ナガバハグマ,エリカ・メランセラ,バルレリア・ミカンス
(元 島根大学生物資源科学部)
細木高志

(当面の話題)

多様性の難しさ
編集部

(論説・総説・資料・実用)

スイートコーンの収量・経済性に及ぼす栽植密度の影響に関する研究
(野菜園芸研究家)
三浦周行

中国の稲作研究とハイブリッド稲
(元千葉大学,京都大学,日本大学)
池橋 宏

中国黒龍江省の北限大規模稲作
-新規展開地の実証調査から?中国黒龍江省の北限大規模稲作?新規展開地の実証調査から-
((株)堀内電機製作所)
(元埼玉県農林総合研究センター水田農業研究所)
大塚一雄
((株)堀内電機製作所)
芥川一成
由 明甲

(連載記事)

SATREPS「コロンビア」統合的稲作農業への挑戦[8]
作物生育モデルの適用と意思決定支援システムによる資源利用効率の向上
(東京大学大学院農学生命科学研究科)
岡田謙介
ロレナ ロペス-ガルビス
武田直也
カミロ バリオス-ペレス
(三祐コンサルタンツ)
山室美恵

国際学術振興を目指す学会のパラダイム[XIV]
CIGR連絡協議会から考える「パラダイム」
(九州大学)
吉田 敏

縄文人の植物と食文化〔3〕
旧石器時代,縄文草創期の植生と食料
(農研機構フェロー)
(元大阪府立大学大学院)
樽本 勲

トマト果実の品質評価の現状と展望
(農研機構 野菜花き研究部門)
安藤 聡

ブックガイド

農界ニュース

レビュー

レビューはまだありません。

“農業および園芸 2018年12月1日発売 第93巻 第12号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

より良い商品の紹介 …