機械の研究 2022年11月1日発売 第74巻 第11号

2,750 (税込)

本誌「機械の研究」は、1949年(昭和24年)、それまでの
機械工学の概念を脱却して、工学・工業の一環としての機
械工学に関する新しい研究と技術の進歩を提供する事をそ
の主眼に創刊した月刊誌です。工学全般・工業に関連した
研究分野において、最新かつ重要な学理および興味深い研
究成果を平易に解説しています。

在庫あり

判型 B5判
発行日 2022/11/01
JAN 4910028171124
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

目次

展望・総説・総論

実力基準保全による疲労劣化管理の合理化

(株)原子力安全システム研究所
釜谷昌幸

数値解析による疲労破壊予測の問題点

東京理科大学 名誉教授
菊池正紀

連載講座

機械構造用金属材料の超高サイクル疲労(48)
7. VHCF-5~VHCF-7の10年間の研究動向(1)

立命館大学 名誉教授
酒井達雄

新しいエネルギー基本計画と近年の台風災害の考察(7)
将来気候変動下の台風への影響

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)
福島再生可能エネルギー研究所(FREA)
大竹秀明

カルマンフィルタとその周辺および応用(7)
カルマンフィルタの導出と展開(1)

立命館大学 名誉教授
杉本末雄

脱炭素社会を実現するための材料複合化技術(10)
炭素繊維強化プラスチック(CFRP) その2

一般財団法人 航空宇宙技術振興財団 評議員
伊藤義康

特別講座:機械系大学院入試問題演習

(26)材料力学:神戸大学2021年夏季実施より

宮崎大学 工学教育研究部 教授
河村隆介

コラム:一杯のコーヒーから(190)

自発性を育む社会へ

Stanford University visiting professor
慶應義塾大学 顧問
福田収一

編集部だより
「工学書・研究論文の執筆に必要な知識とスキル」

新刊紹介

基礎から学ぶ弾塑性力学
荒井,正行,1967-
出版社:森北出版
定価:3,000円+税
発売日:2024年6月23日
ISBN:978-4-627-65071-8

工学・工業界ニュース

説明

記事ピックアップ
巻頭記事「実力基準保全による疲労劣化管理の合理化」

筆者は「き裂なし」の情報を活用した検査(保全)の在り方を実力基準保全(Performance Based Maintenance)と位置づけ、その具体的な適用方法について提案してきた。本稿では、実力基準保全の考え方と、その意義について解説する。

(株)原子力安全システム研究所
釜谷昌幸杉本末雄

レビュー

レビューはまだありません。

“機械の研究 2022年11月1日発売 第74巻 第11号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です