野生動物の家畜化と改良

5,940 (税込)

野生動物の家畜化の歴史と食文化の多様性、家畜のバイテクの取り組みとその問題点などを記述。

在庫あり

商品カテゴリー: ,
著者:
判型 B5判
第1版
ページ数 248
発行日 1996/11/20
ISBN-13 978-4-8425-9620-4 C3061
ISBN-10 4-8425-9620-1
JAN 1923061054005
オンライン書店: Yahoo!ショッピング でのお取り扱いについてはお問い合わせください。
amazon, 紀伊國屋書店, honto, ヨドバシ・ドット・コム, セブンネットショッピング, HonyaClub
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

目次

1.野生動物の家畜化(エネルギーの生命維持形態、他8節)
2.家畜化された動物(1.犬、2.猫、3.緬羊・山羊・豚と牛、4.馬、5.ラクダ・ラマ・アルパカ、6.鶏)
3.肉食文化の多様性(豚肉を忌み嫌うイスラム社会、他4節)
4.家畜化の早かった国々の現在にみられる家畜生産事情(シルクロードの牧畜産業、他7節)
5.家畜改良の新しい研究と課題(人工授精、他13節)

付録、文献

レビュー

レビューはまだありません。

“野生動物の家畜化と改良” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です