機械の研究 2022年9月1日発売 第74巻 第9号

2,750 (税込)

本誌「機械の研究」は、1949年(昭和24年)、それまでの
機械工学の概念を脱却して、工学・工業の一環としての機
械工学に関する新しい研究と技術の進歩を提供する事をそ
の主眼に創刊した月刊誌です。工学全般・工業に関連した
研究分野において、最新かつ重要な学理および興味深い研
究成果を平易に解説しています。

在庫あり

この商品は旧版です。最新版はこちら。

判型 B5判
発行日 2022/09/01
JAN 4910028170929
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

記事ピックアップ
巻頭記事「液体ロケットエンジン超音速タービンの流体力学的作動特性」

筆者は液体ロケットエンジンのサイクル計算に従事してきた。

液体ロケットエンジンでは数気圧でタンクに搭載している推進剤を、10MPaレベルに達する燃焼室に供給するために昇圧する必要がある。そのため通常、タービンで駆動するポンプ、ターボポンプを使用する。

上記のサイクル計算とは、エンジン冷却や推進剤噴射における圧力低下を含めたターボポンプ、推進剤供給系の動力バランス計算と、その結果としてのロケットエンジンの比推力性能の計算を指す。

その経験からスクラムジェットエンジンやロケット複合サイクルエンジン(RBCC)の性能計算とサイクル計算にも従事してきた。

本稿ではサイクル計算の観点からのタービン効率の重要性と、超音速タービン特有の特徴について説明する。

中部大学 工学部 教授
苅田丈士

目次

展望・総説・総論

液体ロケットエンジン超音速タービンの流体力学的作動特性

中部大学 工学部 教授
苅田丈士

連載講座

カルマンフィルタとその周辺および応用(5)
確率統計の基礎知識(4)

立命館大学 名誉教授
杉本末雄

繊維強化複合材料の損傷を考慮した力学解析(4)
3次元織物セラミック基複合材料の非線形挙動予測

九州大学 大学院工学研究院 助教
小野寺壮太

東北大学 大学院工学研究科 助教
南雲佳子

東北大学 大学院工学研究科 教授
岡部朋永

CFDの基礎講座(追補5)
「現代制御理論への入門」時間領域の最適制御に向けて(2)

慶應義塾大学 名誉教授
棚橋隆彦

脱炭素社会を実現するための材料複合化技術(9)
長大化を目指す橋梁の発展 その3

一般財団法人 航空宇宙技術振興財団 評議員
伊藤義康

機械構造用金属材料の超高サイクル疲労(46)
6. VHCF-2~VHCF-4の10年間の研究動向(26)

立命館大学 名誉教授
酒井達雄

新しいエネルギー基本計画と近年の台風災害の考察(5)
千葉県安房・京葉エリア調査とJASS12「屋根工事」改定概報

明治大学 理工学部 客員研究員
飛田春雄

コラム:一杯のコーヒーから(188)

次世代はムリ,ムダ,ムラの時代

Stanford University visiting professor
慶應義塾大学 顧問
福田収一

特別講座:機械系大学院入試問題演習(23)

機械力学:東京大学2021年夏季実施より

神奈川大学 名誉教授
伊藤勝悦

工学・工業界ニュース

レビュー

レビューはまだありません。

“機械の研究 2022年9月1日発売 第74巻 第9号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。