農と土の科学を考える

2,420 (税込)

45年間の農学研究の中から農学と土壌学に関するエッセイを選びそれに新しいものを加えて編集。

在庫あり

判型 A5判
第1版
ページ数 160
発行日 1992/04/30
ISBN-13 978-4-8425-9206-0 C3061
ISBN-10 4-8425-9206-0
JAN 1923061022004
Yahoo!ショッピング でのお取り扱いについてはお問い合わせください。
Amazon紀伊國屋書店hontoセブンネットショッピング
図書館: カーリル
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

1992年書き下ろしたものも加えた著者の農学と土壌学に関するエッセイで、農学研究に想う、国際化時代における環境問題と農業問題、「農業の持続性」論議について、「実学」について、還元主義と全包括論─農学の総合性の問題、作物栄養学と土壌化学、北海道農業を想う、一土壌学者の回顧と反省、土を守ることの現代史的意義、土壌肥料研究のこれからの前進のために、他3編を掲載。

レビュー

レビューはまだありません。

“農と土の科学を考える” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。