畜産業のクラスター形成と経営イノベーション

3,300 (税込)

畜産業が進めている「クラスター形成(関連組織との連携)」や「経営イノベーション(革新)」を解説する。

在庫あり

カテゴリー: ,
著者:
判型 A5判
第1版
ページ数 212
発行日 2022/03/31
ISBN-13 978-4-8425-0585-5 C3061
ISBN-10 4-8425-0585-0
JAN 1923061030009
図書館: カーリル
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

畜産業は厳しい競争にさらされており、大きな経営革新が必要となっている。

様々な形で農家や食品・流通企業、行政などの他分野の組織との連携が進んでいる。経営学ではこの連携を「クラスター(英語でブドウなどの房の意味)」と呼ぶ。

また、情報通信技術の発達により、作業のスマート化が進んでおり、労働コストの削減が可能となっている。

さらに、畜産の経営体が企業として活動するには、社会的責任を果たす必要がある。

畜産業には環境問題や飼料の食料との競合、アニマルウェルフェアなど、克服すべき問題が数多くある。

国内外の事例に基づき、畜産業の持続と発展に向けた、クラスター形成と経営イノベーションの現状と今後の展望を解説する。

目次

序章 イノベーションを創出するクラスター形成
第1章 イノベーションを創出する産業クラスター
第2章 食料産業クラスターの展開と類型化
第3章 行政・食品産業主導による地域ビジネスモデル
第4章 農商工連携・六次産業化事業におけるクラスター形成の新たな展開
第5章 畜産クラスター形成による生産基盤創出と新たな展開
第6章 大手乳業メーカーにおける酪農生産とクラスター形成
第7章 小規模酪農家における乳業メーカーの酪農生産支援
第8章 大手乳業メーカーにおける共通価値の創造による酪農生産・貧困対策
第9章 ICTを活用した酪農におけるイノベーションを創出するクラスター形成―オランダの酪農経営を事例として―
終章 本書の要約と今後の展望
あとがき
索引

レビュー

レビューはまだありません。

“畜産業のクラスター形成と経営イノベーション” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。