花卉園芸の進展

2,860 (税込)

質のよい花を豊富に安く、安定して継続的に生産することを常に心掛け、40年間を振り返り将来への展望も記す。

在庫あり

判型 A5判
第1版
ページ数 177
発行日 2000/04/20
ISBN-13 978-4-8425-0057-7 C3061
ISBN-10 4-8425-0057-3
JAN 1923061026002
Yahoo!ショッピング でのお取り扱いについてはお問い合わせください。
Amazon紀伊國屋書店hontoセブンネットショッピング
図書館: カーリル
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像

説明

本書は、この40年間の日本の園芸と園芸学の進展について、主として花卉園芸の立場から、それも著者がかかわってきたことを中心にして述べている。著者は、実用的であると同時に理論的であるような研究を通して、花卉生産の近代化、すなわち質のよい花を豊富に安く、安定して継続的に生産することを追求してきた。著者のスローガンは、花の「良品、多収、安定、継続、低コスト生産」である。

目次

1.序 論―この40年間の園芸の課題はなにであり、それはどのように解決されてきたか―
 1.「安全な」の課題
 2.「豊富に安く」の課題
 3.「多様で」の課題
 4.「安定して」の課題
 5.「継続的に」の課題
 6.「質の良い」の課題

2.作型の多様化
 1.作型という言葉の意味と由来
 2.作型分化はなぜ必要か
 3.作型分化はなにによってなされたか
 4.開花調節と植物の発育相
 5.私の開花調節・作型開発研究
 付1.植物の老化と若返り

3.土壌・養水分管理
 1.日本におけるカーネーション栽培の技術革新
 2.水管理
 3.栄養管理
 付2.福助作り大菊の栽培基準―福助菊栽培の手引き―
 付3.カーネーションの良品・多収・安定生産―坪千本採花の栽培基準―

4.苗生産
 1.植物の生育からみた移植適期と作業性からみた移植適期
 2.キク移植機の開発と機械植え用苗の生産
 3.根巻きしない育苗鉢の開発

5.園芸の分野における組織培養技術の利用

6.花序の構成と発達―良品生産のために―
 1.花序の構成と発達の規則性と可変性
 2.花序の構成と発達の制御)

レビュー

レビューはまだありません。

“花卉園芸の進展” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。