MATLAB/Simulink による
わかりやすい制御工学(第 2 版)

特長

初心者でも理解しやすいと定評がある入門テキストが、さらに使いやすくリニューアルされた。
基本的な構成はそのままに、レイアウトが刷新され、細部の記述が全般的に見直されている。

電気・機械系を中心とした、伝達関数モデルによる制御対象の表現が、具体的なコントローラの設計例を通じて理解できるようになっている。

MATLAB/Simulink を用いた演習も最新のバージョンに対応しており、実際にシミュレーションをおこなって確認しながら学習を進めることができる。

書籍は 2 色刷りで作られている。また、MATLAB のプログラム箇所は適宜コードに数式も含めた説明が入っており容易に理解できるように工夫されているほか、例題、問題が入っているので、読むだけにならないよう構成されている。

充実した著者サポートページも魅力。
https://www.maizuru-ct.ac.jp/control/kawata/study/book1_2nd/book1_2nd_page.html

MATLAB/Simulinkによるわかりやすい制御工学
川田,昌克,1970- 西岡,勝博,1945-2014
出版社:森北出版
定価:2,700円+税
発売日:2024年4月17日
ISBN:978-4-627-91722-4

目次

第1章 はじめに
第2章 システムの伝達関数表現
第3章 システムの過渡特性と定常特性
第4章 s 領域での制御系解析/設計
第5章 s 領域での制御系設計(PID 制御)
第6章  システムの周波数特性
第7章 周波数領域での制御系解析/設計
第8章 さらに制御工学を学ぶ人のために
付録A MATLAB の基本的な操作