図解による わかりやすい流体力学(第2版)

本書は多くの大学・高専の授業で採用されてきた 「みればわかる」 テキストの改訂版である。第 2 版ではレイアウトを一新。オールカラー化により、さらにみやすく、わかりやすくなっている。

特長

イメージしやすい図で直感的にわかる

「速度ヘッド」 「境界層」 「運動量の法則」 など、式だけでは想像しづらい必須事項の意味が、的を射た図により一目で理解できる。数学や物理が苦手でも、数式と現象のつながりがわかるようになっている。

要点を絞ってていねいに解説

コンパクトながら精選した内容がていねいに解説されており、必ず押さえるべき基本事項が身につく。初めて学ぶ人の入門書として最適である。

例題・演習問題も充実

適度な難易度・分量の例題により、学習した内容をすぐに確認できる。また、演習問題はすべて解答も収録。独習にもおすすめの一冊。

図解によるわかりやすい流体力学
中林,功一,1939- 山口,健二,流体工学
出版社:森北出版
定価:2,300円+税
発売日:2024年5月21日
ISBN:978-4-627-67392-2

目次

1 章    流体の性質と基礎事項
2 章    流体静力学
3 章    流体運動の基礎
4 章    一次元流れ
5 章    ベルヌーイの定理の応用
6 章    運動量の法則とその応用
7 章    円管内の流れ
8 章    境界層
9 章    抗力と揚力