TRIZ ― 技術者のための問題解決手法 ―

3,300 (税込)

実例をあげてTRIZ活用法のヒントを詳述。

在庫あり

カテゴリー: ,
著者:
判型 A5判
第1版
ページ数 173
発行日 2004/02/20
ISBN-13 978-4-8425-0355-4 C3053
ISBN-10 4-8425-0355-6
JAN 1923053030000
Yahoo!ショッピング でのお取り扱いについてはお問い合わせください。
Amazon紀伊國屋書店hontoセブンネットショッピング
図書館: カーリル
※当サイトの書影データはご自由にお使いください。
書影のダウンロード: メイン画像, サブ画像[1]

説明

1996年にTRIZが日本に紹介されて以来、TRIZに興味・関心を持っている人や、TRIZを使ってよいアイデアを出したいと思っている技術者は多くいます。しかし一方、実際にソフトを導入してみたがなかなか成果に結びつかない、有効な活用ができないといった例もたくさんあります。それは、TRIZを使って出されたアイデアが一般にあまり公開されておらず、TRIZの成果はもちろん、導入していることさえオープンにしない企業も多くあります。今までに出版されたTRIZ関係の書籍に載っている効果的な実例が少ないことも原因の一つとして考えられます。

TRIZは決して特殊な手法ではなく、誰でも使えるものです。何事においても、初めに式や考え方を示してもらった上で幾つかの例題を解いてみて、それで初めて応用問題にかかれるようになります。

本書は、TRIZを用いた問題解決、アイデア発想について実例を紹介しながら、「このような使い方ができるのか」ということがわかり、「それなら自分の問題にも使えそうだ」と思ってもらえるようにすることでTRIZ活用のヒントになると考えてまとめたものです。

一般に、TRIZを使えば誰でも高度な発明が可能であるといわれていますが、それは活用についてきちんと理解した上での話であって、そのためにはコンサルタントの有効な指導を受けることが確実で早道です。しかし、その機会も少ない場合には有効な資料などが必要になるわけで、それには幾らかでも本書が役に立つと考えています。またそれ以外にも、個人で勉強する際にも本書が活用できると考えます。

目次

1章 高まるTRIZの必要性(1.商品開発の環境変化~認められ出したTRIZの有効性~、2.変化への対応こそ競争力~発想力こそ競争力~、3.規模を超えるのは個人の発想力~同質の多数より少数の異質~、4.評価はアイデアよりも実行~本来は汗よりもアイデア~、5.発想の基本は視点を変えること~見方を変えればアイデアは出る~、6.勘ピュータを重視しよう~人間だけの勘こそ発想の基本~、7.手法で創造力が向上するか~知識を活かす管理技術はTRIZだけ~)
2章 問題解決手法TRIZ(1.TRIZとは~問題解決のための広い分野の知識活用技術~、2.TRIZの手法~TRIZの基本はこれだけ~)
3章 問題解決とは適用技術の選択(1.こんな方法があったとは!エンジンのエアクリーナ~高度なレベルの発明に挑戦~、2.解決には固有技術の習熟が不可欠!水力発電機~必要なのは機能の定義~)
4章 実例に見る、適用する“場”で異なる解決法(1.場を変えて進化する洗濯機~場で考えれば進化がわかる~、2.場を変えて正解が得られたリーンバーンエンジン~場の変更で鮮やかな問題解決~、3.場を変えると進化する~進化を先取りできる場の変更~、4.否定技術を考えるPrediction~次のシステム予測に必要な場の考え~)
5章 実例に見る技術システムの進化(1.進化し続けるレース技術~実例からTRIZの法則を検証する~、2.矛盾を克服する4WDシステムの進化~矛盾解決実例からの場の検証~、3. 自動車の車両コンセプトの進化~進化を考えれば先が見える~、4.ソフトウェア特許に見る技術進化~特許の流れはTRIZの進化~)
6章 TRIZを用いた問題解決事例(1.トランスミッションのドック~要求品質から矛盾が出せる~、2.エンジン冷却ラジエータ~ステップで考えるとアイデアは出せる~)
7章 技術開発テーマ探索(1.将来の洗濯用洗剤の技術テーマは?~次代の開発テーマはこうして出す~、2.仕出し弁当の改良~技術進化はなくてもアイデアは出せる~、3.進化方向はコストと効果の比較~最適な進化事例を見る~)
8章 TRIZについての誤解~知っておきたい正しい認識~
9章 さらなるTRIZの活用に向けて(1.知識創造とは~知識創造の3点セットはTRIZだけ~、2.知識創造の進化~知のスパイラルアップを可能にするTRIZ~、3.TRIZとナレッジマネジメント~知の進化・創造が示されている~、4.経験価値とTRIZ~経験価値達成アイデアも出せる~、5.開発システムにおけるTRIZ~開発フローでのTRIZの位置づけ~、6.開発が促進できる組織~TRIZを活用できる組織は~、7.技術者とTRIZ~アイデアキラーのアイデアを活かそう~)
索引

レビュー

レビューはまだありません。

“TRIZ ― 技術者のための問題解決手法 ―” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です