機械の研究 第62巻・第1号    
 
体裁 B5判  定価 4,800円(税込み) 送料132円 
購入お問い合わせください


 
(展望・総説・解説)
わが国の低炭素社会構築のシナリオ

《国立環境研究所》
(特別客員研究員)西岡秀三

生体におけるマイクロ・ナノバイオトランスポート

《慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科》
(教授)谷下一夫

曲げ変形に及ぼす引張り変形の影響
《神奈川大学 工学部》》
(元教授)日比野文雄
保存則からみた物質と電磁場の相互作用(2)
《慶応義塾大学》
(名誉教授)棚橋隆彦
60年間の技術屋から解放されて、いま思うこと
《東洋ガラス(株)》
(元 社長)佐伯邦男
(連 載 講 座)
生物に学ぶものづくり(1)
《金沢大学》
(名誉教授)尾田十八
トライボロジー四方山ばなし(4)
―固体面の接触について―
《東京大学》・《香川大学》
(名誉教授)木村好次
地球環境問題とエネルギー安定供給の現状(4)
《(株)東芝 電力・社会システム技術開発センター》
(首席技監)伊藤義康

フェーズフィールド法の基礎と応用(11)
―PFM理論による弾性ひずみエネルギー評価法―

《東京工業大学 大学院理工学研究科 機械制御システム専攻》
(助教)山中晃徳
《京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 機械システム工学部門》
(准教授)高木知弘
詳説:弾塑性力学(31)
―摩擦構成式 その1―
《第一工業大学》(教授)
《九州大学》(名誉教授)
橋口公一
コラム:一杯のコーヒーから(37)
オリンピック招致合戦:まだ本土決戦?
《Stanford University》
(教授、コンサルティング)
福田収一
(特 集 『機械工学の教育と研究』)

人と社会を支える機械工学の実現に向けて

《東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻》(教授)
《日本学術会議》(会員)
《(社)日本機械学会》(元 会長)
笠木伸英

国際社会における機械技術者の役割

《(株)東芝》(顧問)
《(社)日本機械学会》(会長)
有信睦弘
機械工学における教育と研究
《横浜国立大学》(名誉教授)
《安心・安全の科学研究センター》(特任教授)
《(社)日本機械学会》(前 会長)
白鳥正樹
技術イノベーションと大学の役割
《京都大学 大学院工学研究科 機械理工学専攻》(教授)
《日本学術会議》(会員)
北村隆行

大学院教育の現状と今後

《(株)東芝 研究開発センター》
(首席技監)久保田裕二

学部教育の現状と今後

《東京工業大学 大学院理工学研究科 機械物理工学専攻》(教授)
《日本学術会議》(会員)
(教授)岸本喜久雄
《国立教育政策研究所 高等教育研究部》
(統括研究官)深堀聰子

材料力学分野の教育を考える

《東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻》
(教授)酒井信介
《東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学専攻》
(教授)久田俊明

大学における流体力学の教育と研究

《北海道大学 大学院工学研究科 機械宇宙工学専攻》
(教授)藤川重雄
熱工学分野の教育を考える
―産業界と大学の視点から―
《東京大学 生産技術研究所》
(准教授)白樫 了
《神鋼リサーチ(株))産業技術情報部門》
(取締役)黒坂俊雄
《慶應義塾大学 大学院理工学研究科 開放環境科学専攻》
(教授)植田利久
《東京大学 生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター》
(特任教授・副センター長)金子祥三
《京都大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻》
(教授)吉田英生
機械力学分野の教育を考える
《九州大学 大学院工学研究院 機械工学部門》
(教授)近藤孝広

設計工学分野の教育を考える

《大阪大学 大学院工学研究科 機械工学専攻》
藤田喜久雄
バイオエンジニアリング教育
《東北大学 大学院医工学研究科 医工学専攻》
(教授)山口隆美
《東北大学 大学院医工学研究科 医工学専攻》
(大学院学生)山野真裕
大学教育と人材育成
《文部科学省 高等教育局 専門教育課》
(企画官)神田忠雄
産学連携した人材育成施策
―「産学人材育成パートナーシップ」を中心として―

《経済産業省 経済産業局 産業人材政策室》
(室長補佐)内野泰明

高校からみた高大接続
《神奈川県立西湘高等学校》
(前 校長)宮坂敏一
早期工学教育と高大連携のあり方
《横浜国立大学 大学院環境情報研究院》
(教授)森下 信