畜産の研究 第59巻・第6号

 
体裁 B5判 102ページ定価 1,700円(税込み) 送料92円


 
(口 絵)
世界の動物資源(6)
(茨城大学名誉教授)柏原孝夫
(今月の話題)
― 多頭数飼養に対応した ― TMR供給センターとコントラクターの増強
(酪農肉牛塾)高野信雄
(小特集)
家畜栄養生理研究の近年の進歩(4)
乳牛
(東北大学大学院農学研究科)小原嘉昭
(畜産草地研究所)寺田文典
(産業動物)
国内外における有機畜産の現状と研究動向(1)

(京都大学大学院農学研究科)安松谷恵子・広岡博之

アンビバレントな飼料自給の経済性 ─ 畜産問題の回歴(7) ─
(日本獣医畜産大学 名誉教授)村田富夫

デンマークの“DanBred”豚育種計画とその内容

(元養賢堂顧問)鈴木 章訳
イヌにおける発情周期同期化の研究に関する最近の進歩
(東北大学大学院農学研究科)福永憲隆・諸白家奈子・杉村智史・佐藤英明
(日本動物専門学院附属イヌ科動物科学研究所)紺野 耕・吉田宗芳
家畜育種の理論とその応用(70) ─ 分散成分の推定 ─
(ジョージア大学)鶴田彰吾

哺乳類の胚操作と畜産への応用と将来(49) ─ ][クローン技術と復元生物学 ─

(Ecos研究所)菅原七郎
畜産施設における水洗と消毒(2)
(前琉球大学農学部教授)古田賢治
卵用奥美濃古地鶏の経時的ストレスと免疫指標の検証
(前岐阜県農業大学校畜産指導課)高橋 賢
動物用抗菌剤の基礎知識と適正使用(31) ― 動物用抗菌剤の使用動向 ―
(酪農学園大学 獣医学部 獣医公衆衛生学)田村 豊
産業動物における抗ストレス用薬の必要性とその応用(93)
― 畜産と衛生に役立つ薬剤の正しい使い方V ―
(日本獣医畜産大学)小野浩臣
飼料学(17) ― W.展示動物
(多摩動物公園)成島悦雄
((社)日本科学飼料協会)高木久雄・石橋 晃
79年振り(平成16年)の鳥インフルエンザの発生で思うこと(3)
─ 鶏ペストからニューカッスル病が区別された時代に生きて ─
(元農林水産省家畜衛生試験場)秋葉和温
パナマのアルティソル地帯における飼料用トウモロコシの生産(2)
― リンの動態に関する研究実例と研究協力に当たっての幸運 ―
(元JATAKブラジル農業技術普及交流センタ―・現(株)宏大)冨田健太郎