畜産の研究 第58巻・第10号

 
体裁 B5判 102ページ定価 1,700円(税込み) 送料92円


 
(口 絵)
畜産農機具の歴史(10)
(農林水産省農林水産技術会議事務局)田沼 繁
 
(今月の話題)
「二極化」する酪農経営と技術問題
(農林漁業金融公庫技術参与)権藤昭博
(小特集)
「稲発酵粗飼料生産技術に求められる新技術」
稲発酵粗飼料の乳用牛への給与
(畜産草地研究所)塩谷 繁
稲発酵粗飼料の肉用牛への給与
(畜産草地研究所)中西直人
 
 
 
 

(産業動物)
韓国における養豚産業の現状 ─ 対日輸出との関連からの考察 ─

(日本学術振興会外国人特別研究員)柳 京 熙
(南九州大学地域環境学科)姜 景 求

『モード論』からみた畜産学術 ─ 畜産問題の回歴(1) ─
(日本獣医畜産大学名誉教授)村田富夫
現場に役立つ畜産学を指向する ─ 日本畜産環境学会第3回大会 ─
(日本獣医畜産大学)扇元敬司

総合的プログラムによる豚舎・豚房の消毒効果

(食品・環境衛生研究所)横関正直

靴底の微生物汚染に対する歩行の影響と人為的除去の効果

(日本ホワイトファーム株式会社)川崎武志・福中昭子
バクト菌堆肥・麦飯石活性水基材による液肥化 ─ 機能性バクト菌液肥 ─
(秋田県立大学短期大学部)高橋淳根
(有限会社バクトマテリアル)田中清明
(株式会社秋田エコマテリアル)松森隆介・拂川大介
マイコトキシンの種類と特性とその対策 ─ 飼料のカビ毒による家畜の被害とその予防 ─
(Biomin IAN GmbH)Gerd Schazmayr著
(元 株式会社養賢堂顧問)鈴木 章訳
良質サイレージ調製・利用技術の実際(22)
(酪農肉牛塾)高野信雄
飼料学(9) ─ 飼料学の対象となる動物たち8 ─
(明治大学農学部)日野常男
(日本配合飼料株式会社)武石 勝
(日本科学飼料協会)高木久雄・石橋 晃
反芻家畜栄養評価のためのメカニスティック・モデル(5)
─ 新しいコーネル飼料評価システムの構造と特性を中心に ─
(畜産草地研究所)梶川 博
産業動物における抗ストレス用薬の必要性とその応用(85)
─ 畜産と衛生に役立つ薬剤の正しい使い方V ─
(日本獣医畜産大学)小野浩臣
動物用抗菌剤の基礎知識と適正使用(23) ─ リスク分析 ─
(動物医薬品検査所 企画連絡室)小池良治
新しい交雑育種概念で造成される熱帯合成牛品種
(元農林水産技官)西村 博
中国の南地方における水牛改良への取り組み
(株式会社フレンドセル研究所)鈴木達行
哺乳類の胚操作と畜産への応用と将来(41)
─ ]W 未発育卵胞卵子の利用−その2.卵胞腔形成前卵胞卵子 ─
(Ecos研究所)菅原七郎
シルボパストラル・システムの導入効果(7)
─ パナマのアルティソル地帯における事例研究(PartX)(幾システムの多元的配置) ─
(JATAKブラジル農業技術普及交流センター)冨田健太郎