畜産の研究 第57巻・第10号
 
体裁 B5判 102ページ定価 1,700円(税込み) 送料92円


 
(口 絵)
日本産野生哺乳類(10)
(株式会社 野生動物保護管理事務所)岸本 真弓
 
(今月の話題)
日本畜産のニュー・パラダイムへの道
(日本獣医畜産大学名誉教授)村田富夫
 
(小特集)
畜産業・畜産学の展望
日本学術会議畜産学研究連絡委員会
(産業動物)
FTA(自由貿易協定)と鶏肉の関税をめぐる諸問題
(京都産業大学名誉教授)駒井 亨
食と農の結びつきを強める手段としての教育動物ファームの必要性
(明治大学農学部)纐纈雄三

良質サイレージ調製・利用技術の実際(10)
−EUで養豚飼料に有機酸の添加が実用化−

(元養賢堂顧問)鈴木 章

哺乳類の胚操作と畜産への利用と将来(29)
(Ecos研究所)菅原七郎
日本国産のホルスタイン種雄牛から生産された娘牛のネパールにおける産乳量と耐暑性
(JICA短期専門家)佐藤輝夫
中米国際牛繁殖育種セミナーの開催
(JICA短期専門家) 斉藤英毅
シルボパストラル・システムの導入効果(1)−熱帯アメリカの酸性土壌の分布と特性−
(JATAKグアタパラ農業技術交流普及センター)富田健太郎
熱帯地域での肉牛生産における交雑育種の重要性
(元JICA専門家)西村 博
産業動物における抗ストレス用薬の必要性とその応用(73)
(日本獣医畜産大学)小野浩臣
動物用抗菌剤の基礎知識と適正使用(11)
(動物医薬品検査所 検査第二部)高橋敏雄
動物試験のための適切な統計解析法の選定
(慶應義塾大学非常勤講師)小林克巳
羊肉料理「成吉思汗」の正体を探る
(北海道立中央農業試験場)高石啓一
(休載)
家畜育種の理論とその応用(61)
(京都産業大学)野村哲郎