農業および園芸 第90巻・第7号
 
体裁 B5判 定価 (本体1900円+税) 送料80円
年間購読申し込みはこちらから
今月号の申し込みはこちらから


 
(口 絵)
季節の花〔64〕
−7月の花 ミズキンバイ,セイヨウニンジンボク,コマクサ,ヒメヒオウギズイセン,モッコク,ガンピ

(元 島根大学生物資源科学部)
細木高志

(当面の話題)
米と日本人

(国士舘大学)
原田信男

               
(小特集 農研機構シンポジウム
−中山間地の農地保全と担い手確保に向けた耕作放棄地活用技術の導入促進−)
耕作放棄地の現状と対策

(農林水産省農村振興局農村政策部)
(現 新潟県農地部長)
石川善成

不作付地等における放牧の活用について

(農林水産省生産局畜産部)
杉山喜実

畑作による耕作放棄地の再生利用に向けて
−ソバ,大豆,麦等による再生利用事例から−

農研機構 農村工学研究所)
芦田敏文

粗放管理に向けた技術
−耕作放棄地の放牧利用−

(農研機構 畜産草地研究所)
手島茂樹

農業経済学からみた中山間の土地利用
−畜産的土地利用拡大の合理性と可能性−
(農研機構 畜産草地研究所)
恒川磯雄
まちおこしと連携した耕作放棄地の再生利用
〜ギフチョウが舞う大江高山の里から〜
(島根県大田市 農家)
横手新治郎
耕作放棄地を活用した肉用牛繁殖経営
(栃木県茂木町 肉用牛繁殖農家)
瀬尾 亮
(論説・総説・資料・実用)
植物由来資材の農薬としての利用に関する研究
(東京農業大学 客員教授)
三浦周行
(連載記事)
地域バイオマス利活用システム[8]
−地域実証事例5 南九州畑作地域におけるバイオマス利用モデル−
(農研機構 九州沖縄農業研究センター)
相原貴之
倉田理恵
田口善勝
(鹿児島県農業開発総合センター大島支場)
久米隆志
(鹿児島県大隅加工技術研究センター)
嶋田義一
(農研機構本部)
金岡正樹

最近の異常気象とウンシュウミカンの果実品質〔1〕
(元 JA和歌山農協連合会)
冨田栄一
農民と市民の協働による「農業生産クラブ」と
生産・消費を兼ねた「在来品種保全クラブ」の勧め〔2〕
第1部(2)第2章 ダイズ在来品種などの協働生産・保全運動
(元 筑波大学農林学系教授)
生井兵治
稲の生長を支える根〔8〕
−地上部の生長の良否は根のそれによって規定される−
(その5)稲地上部緒器官の空間配置
(秋田県立大学名誉教授)
川島長治
(秋田県立大学生物資源科学部)
小川敦史
ブックガイド
農界ニュース