農業および園芸 第90巻・第11号
 
体裁 B5判 定価 (本体1900円+税)
年間購読申し込みはこちらから
今月号の申し込みはこちらから


 
(口 絵)
季節の花〔68〕
−11月の花 シマカンギク,オンシディウム,クラリンドウ,アサリナ・バークレイアナ,ナナカマド(実),ナンキンハゼ(紅葉)−

(元 島根大学生物資源科学部)
細木高志

(当面の話題)
TPPの行方

(編集部)

             
(論説・総説・資料・実用)
野菜栽培におけるLED補光に関する研究

(東京農業大学 客員教授)
三浦周行

阿蘇草原の生物多様性調査マニュアルの作成と活用
−阿蘇北外輪山地域の採草地の例−

《阿蘇草原再生協議会》
(農研機構 近畿中国四国農業研究センター)
高橋佳孝
(株式会社 一成)
渡辺雄一郎
(環境省九州地方環境事務所)
竹原真理

リン酸入り床土を利用した育苗および
移植前のリン酸溶液浸漬処理が水稲の成育とリン酸利用率に及ぼす影響

(金沢大学名誉教授)
(北陸作物栽培研究所)
鯨 幸夫
(金沢大学教育学部(当時))
川口祐子

20世紀初頭収集の台湾サツマイモ品種,その遺伝資源的再考察

((独)農業研究機構フェロー)
(元 大阪府立大学大学院教授)
樽本 勲

(連載記事)
伝統花卉の名前の由来と歴史,文化,利用〔1〕
Origin of names of traditional ornamental plants, and their history, culture and use [1]
(元 島根大学 生物資源科学部)
細木高志
里山の健康低下とその要因〔2〕
マツ枯れの原因と対策
(神戸大学大学院農学研究科)
黒田慶子
ヘビと水田
(京都大学理学部動物学教室)
森 哲
農民と市民の協働による「農業生産クラブ」と生産・消費を兼ねた「在来品種保全クラブ」の勧め〔6〕
第2部(1)植物遺伝資源保全の基礎
はじめに
第1章 植物遺伝資源の定義・対象範囲と保全の歴史的背景
第2章 植物遺伝資源の生息域外保全
(元 筑波大学農林学系教授)
生井兵治
執筆者による座談会〔2〕
(農研機構 農村工学研究所)
中矢哲夫
(浜松ホトニクス株式会社)
(元 農研機構 バイオマス研究統括監)
中川 仁
図解 果樹の形態形成〔1〕
(名城大学名誉教授)
新居直祐
(名城大学農学部)
中尾義則
稲の生長を支える根〔12〕
−地上部の生長の良否は根のそれによって規定される−
(その6)稲作の革命(続き)
(秋田県立大学名誉教授)
川島長治
(秋田県立大学生物資源科学部)
小川敦史
農界ニュース