農業および園芸 第84巻・第6号
 
体裁 B5判 定価 1,900円(税込み) 送料92円 
購入お問い合わせください


 
(口 絵)
野生動物との新たな関係〔30〕連載を終えて

(中央農業総合研究センター)
仲谷 淳

(当面の話題)
果実消費拡大は健康維持の一歩に

(中央果実生産出荷安定基金協会)
駒村研三

(論説・総説・資料)
健康はみんなの足下にある
−みえてきた「生命力」の高め方−

(日本地域活力研究所)
長谷山俊郎

日本におけるイネのバイオエタノール化
−ポテンシャルと課題−

(東京大学大学院農学生命科学研究科)
塩津文隆
森田茂紀
(九州沖縄農業研究センター)
服部太一朗

マンゴーの近赤外線(NIR)による品質評価と消費者の食味評価の関係

(琉球大学農学部,現 日本大学生物資源科学部)
菊地 香
(琉球大学農学部)
平良英三

園芸品種と野生種の種間交雑による芳香シクラメンの育成

(埼玉県農林総合センター園芸研究所)
石坂 宏

簡易ハウスを活用した高収益体系

(愛媛県農林水産研究所)
福田康彦

屋外空気中水分に含まれる無機元素濃度の変動〔1〕
−夏季における山林と地方都市内住宅団地の比較−

(元 中央農業総合研究センター北陸水田利用部)
中島秀治
(株式会社日吉)
広瀬 恢

ブラジル,サンパウロ州グァタパラ日系移住地での研究実例〔20〕
−塩加の施用が過剰施肥土壌での雨季作トウモロコシの生産性に及ぼす影響(2)−

(株式会社宏大)
冨田健太郎

(連載記事)
野菜の収量に及ぼす光合成産物の転流・分配〔23〕
−ステディ・ステート・フィーデイング法によるキュウリ苗の光合成産物の転流・分配および炭素収支に及ぼす温度と光強度の影響−

(MKVプラテック株式会社,元 野菜茶業研究所)
宍戸良洋

農学・生物学におけるコンピュータシミュレーション〔5〕
(農村工学研究所)
熨q 直
コシヒカリ登場半世紀〜回顧と今後の課題〜〔5〕
−コシヒカリ飯米のDNA判別技術の開発−

(新潟大学農学部)
大坪研一

(学会レビュー)

平成21年度園芸学会秋季大会に出席して
−果樹,野菜,花き,利用部会別の成果−
(平成21年3月19日〜3月20日 明治大学駿河台キャンパス)

平成21年度第227回日本作物学会講演会に出席して
(平成21年3月27日〜28日 つくば国際会議場)

 
(外国文献抄録)

イネにおけるシリコンおよびシリコンとマグネシウムの相互作用によるごま枯葉病耐性について

圃場条件下でのアーバスキュラー菌根菌の接種によるコムギの収量,収量構成要素,養分吸収に対する塩ストレスの緩和

低温処理の温度と期間がノビル系デンドロビウムの開花に及ぼす影響

ジャガイモ細胞培養においてNa+/H+の交換と液胞膜プロトンポンプの活性は塩によって調節されている

ナスノメイガの被害を受けたナスを想定した剪定処理がナスの収量パラメーターに及ぼす影響

高温処理とジャスモン酸メチル処理の組合せによるモモの果実の低温障害軽減の試み

成熟期間中のセイヨウスモモにおけるアントシアニンと果実の色について