シリーズ21世紀の農学
農学イノベーション
― 新しいビジネスモデルと食・農・環境における技術革新 ―
 
 
 
日本農学会編
 
 
 

■定価 (本体 1,852円+税)
■A5判 161頁
■発行年月  2014.04
■ISBN 978-4-8425-0524-4
※別途送料がかかります。送料は、お問い合わせ下さい。

 
 
■概略

日本農学会シンポジウム(平成25年度)の講演と討論の成果をまとめたもの.

 
 
■解説

 日本農学会では,日本の農学が当面する様々な課題をテーマに掲げ,そのテーマに精通した研究者・有識者にお願いし,農学に関心を持つ方々を対象とするシンポジウムを平成17年度から毎年に開催してまいりました.
 平成25年度のシンポジウムは,農業の六次産業化を取り上げ, 成功しているビジネスモデルの紹介, 様々な農林水産物のビジネスモデルと技術革新に関する話題提供を行い, 新しい農業の発展に貢献する農学の方向を打ち出すシンポジウムを開催することに致しました.
 ここにシンポジウムの講演と討論の成果をまとめ,本書を刊行いたします.本書の刊行により,日本農業の転換と六次産業化の問題に対する私たちの理解が一段と深まることを期待いたしております

 
 
■要目
[目 次]

はじめに

 第1章 6次産業のビジネスモデルとフードチェーン

 第2章 果物の六次産業化のビジネスモデルを考える

 第3章 『忘れられた家畜』ヤギ産品の需要喚起とその市場性

 第4章 ストップ・清酒離れ 酒造りの技術を活かす

 第5章 エビの陸上養殖最新動向

 第6章 農畜産バイオマスのエネルギー利用

 第7章 林産学ルネッサンス

 第8章 農業の技術革新と経営革新
     ― 農業経済学はイノベーションをどう捉えてきたか ―

 あとがき